エクセル学習総合サイト

エクセル事典
HOME > エクセルで家計を助ける > 収入を増やす−あなたの給料、本当にそれで納得ですか?

収入を増やす−あなたの給料、本当にそれで納得ですか?

スポンサード リンク
スポンサード リンク

私は、よく怒っていました。

  • なんでアイツのほうが給料が高いんだ!
  • アイツはオレを踏み台にして昇進した...
  • 有給休暇がまともに取れないんだったら、その分給料よこせ!

などなど「現実社会にはいろいろと矛盾が多い!」と怒ったり、落胆したりするものです。

だからといって、社会を離れて「隠居」するわけにもいきませんし...

結局、「社会」で上手くやっていくためには、「自分」を変えていくしかありません。

給料に不満があるなら、「こんな会社、すぐやめて、正当な評価をしてくれる会社に転職してやる!」 と思ったりもします。

しかし、ここでちょっと考えてみて下さい。

  • 「正当な評価」とは何だ...?
  • ひょっとしたら、今の会社は自分に「正当な評価」をしてるのかもしれない...

一体これはどうやって判断すればいいのでしょうか?

 

「市場のことは市場に聞け」という格言があります。

正社員も、派遣社員も、パートも、アルバイトも、中間管理職も、「労働市場」の商品です。

「サラリーマン」として価値が高い人は、給料が高くても、当たり前の話です。

逆にそうでない人は、「それなりに安い」というわけです。

もしあなたが「そんなことは絶対にない!もっと給料をもらってもいいはずだ!」とお怒りなのであれば、より客観的な判断による、あなたの「労働市場での本当の価値」を「査定」してみてはいかがでしょうか。

「労働市場」は月単位で動いています。
「前にもやったことがある」という方でも、もう一回やってみてください。当時とは随分変わっているかもしれません。

「他の会社へ転職」または「現在の会社にとどまる」にしろ、賃上げ交渉の材料に使えます。

次のページで具体的な「査定方法」を見てみましょう。


スポンサード リンク
  ▲このページの上へ  
<- 前へ 目次 次へ ->
Copyright © 2005 -2011 エクセル事典 〜百聞は一見に如かず〜 All rights reserved.