エクセル学習総合サイト

エクセル事典
HOME > エクセルで家計を助ける > 収入を増やす−【エクセル上達】と【給料アップ】を同時に実現する

収入を増やす−【エクセル上達】と【給料アップ】を同時に実現する

スポンサード リンク
スポンサード リンク

こんな風に悩んでいらっしゃる方も多いと思います。

  • もっと給料が欲しい!
  • そのためには、エクセルの勉強をもっとしなければ...
  • でも、スクールや通信教育にお金を払ってまですることじゃないような...
  • 自分で本を買って勉強するといっても、結局どれが自分向きかよくわからない...
  • とはいうものの、なんとかしてエクセルを使いこなせるようになりたい!
  • 結局どうすればいいんだろう!?

日々の業務の中では、エクセルの一部の機能だけでも用が足りることが多いと思います。 しかし、エクセルの勉強をすることによって、

  • 事務作業が今以上に効率的になる。
  • 資料が見栄えよいものになる。
  • 職場の中でより信頼される。
  • 給料が上がる可能性が大きい。

私自身、そのようになりました。本当です。

当時を振り返ってみると、私の勉強の仕方は、行き当たりばったりそのもの。でも何とかなっていた... エクセルの勉強のために、わざわざスクールに行かなくても...と思っていました。

その後、マイクロソフトオフィススペシャリストの試験対策教本を買い、勉強してみると、「あぁ、なんでこういう機能を知らなかったのだろう...」と反省しました。

やはり、本を買って、エクセルの勉強をすることには意味があって、スクールで勉強することも、必ずプラスになるはず。

結局、本を買わなかったり、スクールにいかないことで、勉強せずに現状維持にとどまってしまうのは、

【それだけのお金を払って、本当に元が取れるのかどうか?】

という「迷い」がいつも心の中にある...

その「迷い」を振り切るのに、「元が取れるかどうか」について徹底検証してみました。

「資格取得」は「自己投資」であるので、他の「投資」と簡単に比較できるように、「投資利回り」で判断します。「資格取得のために2万円払って給料を上げる」のと、「銀行の定期預金に2万円預ける」のとでは、どっちがオトクか、ということです。

また、会社によっては、資格手当や報奨金制度がある場合がありますので、上司の方または人事部の方にお問い合わせいただいて、それをワークシートに入れてみてください。

会社や役所にお勤めになっている方は、「資格」を取ることで、「所得控除の対象になる」つまり所得税が安くなる場合もあります。「給与所得者の特定支出控除」というものですが、適用されるかどうかは個人によって違いますので、これについても人事部の方にお問い合わせしてみてください。

それぞれの立場で、どういう風に元を取るかは違いますので、以下の4つのパターンについて分析しました。

リンク先で「試算用エクセルワークシート」を無料でダウンロードできます。是非ご活用ください。


スポンサード リンク
  ▲このページの上へ  
<- 前へ 目次 次へ ->
Copyright © 2005 -2011 エクセル事典 〜百聞は一見に如かず〜 All rights reserved.