エクセル学習総合サイト

エクセル事典
HOME > グラフ > 数値軸−補助目盛の表示

数値軸−補助目盛の表示


 グラフの数値軸(縦方向)の目盛に補助目盛(下図右の点線部分)をつけると、グラフがより読みやすくなる。そのためには、グラフウィザードで作られたグラフに「数値軸補助目盛線」オブジェクトを加えて、適当な補助目盛をつくればよい。

エクセル画面1

 下図は「数値軸−最大値最小値を変更する」で作ったグラフである。

エクセル画面2

 これに、「数値軸補助目盛線」を付けたいのだが、このグラフには数値軸補助目盛線オブジェクトがないようである。

エクセル画面3

 数値軸補助目盛線オブジェクトをグラフにつけるために、メニューから《グラフ》->《グラフのオプション...》を選ぶ。
※メニュー《グラフ》を出すためには、何でもよいので、グラフオブジェクト を選択する。

エクセル画面4

 《グラフオプション》ダイアログボックスで、《目盛線》を選び、《Y/数値軸》の《補助目盛線》にチェックを入れる。

エクセル画面5

 上図で《OK》ボタンを押すと、数値軸補助目盛線が加わるが、このままでは、どれが「補助」になっているか分からない。

エクセル画面6

 そこで、数値軸補助目盛線に対し、書式設定を行う。グラフツールバーから「数値軸補助目盛線」を選ぶ。

エクセル画面7

 続いて、グラフツールバーで、《目盛線の書式設定》を押す。

エクセル画面8

 《目盛線の書式設定》ダイアログボックスの《パターン》タブを選び、適当な線のスタイル、色、太さを選ぶ。下図では、線のスタイルを点線にしている。

エクセル画面9

10 《補助目盛間隔》に適当な数値を入れる。この場合、目盛間隔が5なので、補助目盛間隔をその半分の2.5に設定する。《自動》チェックは、数字を入れると自動的に消える。

エクセル画面10

11 《OK》ボタンを押すと、より分かりやすいグラフができる。

エクセル画面11

スポンサード リンク
  ▲このページの上へ  
<- 前へ 目次 次へ ->
Copyright © 2005 -2011 エクセル事典 〜百聞は一見に如かず〜 All rights reserved.