エクセル学習総合サイト

エクセル事典
HOME > グラフ > 項目軸−目盛を飛び飛びに表示する

項目軸−目盛を飛び飛びに表示する


 エクセルのグラフの項目の目盛数が多すぎる場合、これを項目軸の設定で「飛び飛び」に表示させることができる。

エクセル画面1

 下図のデータを使い、基礎となるグラフを作った。

エクセル画面2

 上図の表を元に、グラフウィザードで作り、項目を1つおきの飛び飛びにしたものである。

エクセル画面3

 項目軸を変更するので、グラフバーから《項目軸》を選ぶ。

エクセル画面4

 グラフバーで《軸の書式設定》ボタンを押す。

エクセル画面5

 出てきたダイアログボックスで《目盛》タブを選ぶ。ここでは、項目を「1つおき」にするので、《目盛ラベルの間隔》を「2」にする。(2つおきにするのなら、「3」にする。)

エクセル画面6

7 項目が1つおきになった。

エクセル画面7

スポンサード リンク
  ▲このページの上へ  
<- 前へ 目次 次へ ->
Copyright © 2005 -2011 エクセル事典 〜百聞は一見に如かず〜 All rights reserved.