エクセル学習総合サイト

エクセル事典
HOME > グラフ > 凡例の編集

凡例の編集


 エクセルのグラフで、「凡例」とは、「データ系列のタイトル」である。下図は、「とにかくグラフを作ってみる−グラフウィザード」で最終的に出来上がったグラフである。

エクセル画面1

 「凡例」の位置は、どこにでも動かせるが、「大体の位置」が決まっているのであれば、「凡例の書式設定」にその配置を任せた方が楽である。以下に、「凡例の書式設定」で「凡例」を動かす方法を説明する。
まず、グラフ上の「凡例」をクリックし、選択された状態にする。

エクセル画面2

 グラフツールバーで、「凡例の書式設定」ボタンを押す。

エクセル画面3

 《位置》タブの《表示位置》の《下端》を選ぶ。

エクセル画面4

 続いて《OK》ボタンを押すと、エクセルが下の方の適当な場所に、「凡例」を置いてくれる。

エクセル画面5

 凡例は、「データ系列のタイトル」なので、グラフウィザードでできた凡例は、元データのタイトル欄にリンクされている。そこで、凡例を別の文字列に置き換えたい場合、まず《グラフ》メニューの《元のデータ...》を選ぶ。《グラフ》メニューがないときは、グラフ上でクリックするとよい。

エクセル画面6

7 《系列》タブを選ぶと、データ系列のタイトル、すなわち《名前》がセルにリンクしているのがわかる。

エクセル画面7

 データ系列「ジーター」の凡例を、「ジーター(ヤンキース)」にするには、データ系列「ジーター」を選択し、《名前》に直接「ジーター(ヤンキース)」と書き込む。

エクセル画面8

 データ系列「ジーター」の凡例が、「ジーター(ヤンキース)」になった。

エクセル画面9

スポンサード リンク
  ▲このページの上へ  
<- 前へ 目次 次へ ->
Copyright © 2005 -2011 エクセル事典 〜百聞は一見に如かず〜 All rights reserved.