エクセル学習総合サイト

エクセル事典
HOME > グラフ > グラフ要素の追加

グラフ要素の追加


 エクセルのグラフウィザードでは、最低限のグラフ要素でグラフを作り上げている。グラフをより見やすく、より説得力のあるものにするためには、グラフ要素を追加する必要がある。以下の例では、「項目軸目盛線」というグラフ要素を加えたものである。

エクセル画面1

 下図のデータを使い、グラフを作った。

エクセル画面3

 上図の表を元に、グラフウィザードで作ったグラフである。

エクセル画面2

 グラフ要素の一覧には、「項目軸目盛線」がない。

エクセル画面4

 何らかのグラフ要素をクリックすると、メニューに《グラフ》というメニューが出てくる。そこで《グラフのオプション...》を選ぶ。

エクセル画面5

 出てきたダイアログボックスで《目盛線》タブを選ぶ。《X/項目軸》の《目盛線》をチェックする。

エクセル画面6

7 項目軸目盛線がグラフ上に現れた。(下図の赤線で囲んだ部分)

エクセル画面7

 グラフ要素の中にも《項目軸目盛線》が追加された。

エクセル画面8

スポンサード リンク
  ▲このページの上へ  
<- 前へ 目次 次へ ->
Copyright © 2005 -2011 エクセル事典 〜百聞は一見に如かず〜 All rights reserved.