エクセル学習総合サイト

エクセル事典
HOME > 関数 > 関数のネスト

関数のネスト

スポンサード リンク
スポンサード リンク

「関数のネスト」とは、「関数の引数に関数を用いること」です。

関数のしくみと書式」に記した通り、関数は

=関数A(引数1,引数2....,引数X)

と表します。

ここで、関数Aの引数2に、関数B(引数あ,引数い,....,引数ん) の戻り値を使うとすると、

=関数A(引数1,関数B(引数あ,引数い,....,引数ん),....,引数X)

となります。

関数のネストを用いると、関数どうしの性質を合わせることにより、多種多様な問題を解決することができます。エクセルの表計算の機能は、関数のネストをすることにより、最大限に発揮されます。しかし、ネストをたくさん使いすぎると、数式が複雑になり、後になってその論理がわからなくなってしまう可能性があります。複雑な数式を書く時は、その論理をメモに取っておいた方がよいでしょう。

 


スポンサード リンク
  ▲このページの上へ  
<- 前へ 目次 次へ ->
Copyright © 2005 -2011 エクセル事典 〜百聞は一見に如かず〜 All rights reserved.