エクセル学習総合サイト

エクセル事典
HOME > 関数 > 損得の判断法−1 正味現在価値

損得の判断法−1 正味現在価値


財務関数−現在価値、将来価値で述べたとおり、現金そのものには時間的価値があります。

例えば、ある時期に100万円を年利10%で1年定期預金で運用すると、110万円で返ってきます。

このように、安全確実な金融商品(この場合は1年満期の定期預金)の利回りを「割引率」とし、将来起こるキャッシュフロー(現金収支)を現在の価値に置き換えることを正味現在価値」といいます。

この例の割引率を使うと、1年後に10万円の現金収入があるということは、
現在約9万1千円(=10万円÷(1+10%))と同じことで、その正味現在価値は約9万1千円ということになります。

エクセル画面1

なぜこのようなことをするかというと、
安全な金融商品で運用し現金を得る」には、
「その金融商品にいくらの投資が必要か
を求めることによって、現金の時間的価値を排除し、投資に対する純粋な収益を求めることができ、他の投資案件や、借入案件との比較が容易にできるからです。

エクセルには、NPV関数で、キャッシュフローの正味現在価値を求めることができます。

1年毎に1万円の配当があり、10年後に10万円の元本と1万円の配当が得られる正味現在価値を、割引率2%で計算してみましょう。

下の表では、NPV関数でキャッシュフローの現在価値を算出しています。

エクセル画面2

上記の表をグラフにしたのが下図です。

エクセル画面2

スポンサード リンク
  ▲このページの上へ  
<- 前へ 目次 次へ ->
Copyright © 2005 -2011 エクセル事典 〜百聞は一見に如かず〜 All rights reserved.