エクセル学習総合サイト

エクセル事典
HOME > 関数 > 配列数式の計算ルール:セル範囲(一般論)

配列数式の計算ルール:セル範囲(一般論)

スポンサード リンク
スポンサード リンク

ここでは、配列数式で、どのセルとどのセルが、結果をどのセルにいれるかについて説明します。


 矩形が全く同じセル範囲を用意する(この例では赤と緑の範囲、3行4列)。出力の結果を示すセル範囲を用意する(青の範囲)。
出力の結果のセル範囲は、入力のセル範囲の矩形と全く同じ(3行4列)である。


 それぞれの入力のセル範囲の、1行1列目の値を、左図のように数式に当てはめ、1+4=5となり、出力の1行1列目に5と表示される


 それぞれの入力のセル範囲の、1行2列目の値を、左図のように数式に当てはめ、2+5=7となり、出力の1行2列目に7と表示される


 以下同様に、それぞれに対応するセルを使い計算し、それぞれの計算結果の格納用セルに、入れる。左図は、この配列数式の最後の計算を行っている所である。

 


スポンサード リンク
  ▲このページの上へ  
<- 前へ 目次 次へ ->
Copyright © 2005 -2011 エクセル事典 〜百聞は一見に如かず〜 All rights reserved.