エクセル学習総合サイト

エクセル事典
HOME > 数式 > 他のワークシートを参照する

他のワークシートを参照する

スポンサード リンク
スポンサード リンク


マウスを使う方法


 ここでは、「参照元1」シートと「参照元2」シートを「参照先」シートから参照する方法を示す。
左図は「参照元1」シートの内容である。


 左図は「参照元2」シートの内容である。


 左図は「参照先」シートの内容である。このシート上のセルに「他のワークシートの参照」をするための数式を入れる。


 「参照先」シートの、売上合計に「参照元1」シートの売上と「参照元2」シートの売上の合計を日付ごとに集計する。
数式を入れるので、まず「=」をセルに入れる。


 次に「参照元1」シートの見出しをクリックする。


 数式バーに「参照元1」シートを参照するための文字が入る。


 ここでセルB2を選択する。左図のように、セルの周りが点線で囲まれる。他シート参照の数式が数式バーに作成されている。


 さらに、「参照元2」シートのデータを足し込むので、「+」を入力する。このとき、わざわざ数式バー上で「+」を入力する必要はなく、前項でセルを選択した直後に「+」を入力できる。


 「参照元2」シートの見出しをクリックする。


10 足し込むセルを選択する。


11 入力を確定し、計算結果も正しい。


12 赤下線部が、他のワークシートを参照する数式の足し算の書き方である。


コピーとリンク貼り付けを使う方法


 参照元のセルを[Ctrl]+[C]キーでコピーする。


 「参照先」シートのセルを選択し、右クリックでショートカットメニューを出して、《形式を選択して貼り付け》を選ぶ。


 《形式を選択して貼り付け》ボックスの、《リンク貼り付け》ボタンを押す。


 そのセルに、他のシートのセルを参照する数式が入力された。


直接数式を入力する


 書式は左図のようにすれば、他のシートを参照できる。相対参照、絶対参照、複合参照いずれもできるので、状況に応じて使い分けることができる。


スポンサード リンク
  ▲このページの上へ  
<- 前へ 目次 次へ ->
Copyright © 2005 -2011 エクセル事典 〜百聞は一見に如かず〜 All rights reserved.