エクセル学習総合サイト

エクセル事典
HOME > 数式 > セル参照−相対参照とコピー

セル参照−相対参照とコピー

スポンサード リンク
スポンサード リンク


相対参照とは


相対参照とは、自分のセル位置と参照元との位置関係を、コピーをしても保つ参照形式です。

言葉では分かりにくいので、図を見ながら説明します。


相対参照を含んだセルのコピー


 左図のようなワークシートを用意する。セルC2に「=A2+A3」と入れる。


 メニューの《ツール》->《オプション》で出てくるダイアログボックスの《表示》タブをクリックする。
セル内の数式をワークシート上で見えるようにするため 《ウィンドウ オプション》の《数式》にチェックを入れる。


 数式が見えるようになる。


 セルC2は相対参照「A2」「A3」を参照元にしている。ここで「A2」の意味は
『自分から見て、同じ行にあって左へ2ついったセル』
「A3」の意味は『自分から見て、1行下で左へ2ついったセル』
ということである。


 セルC2を、オートフィルを使ってセルD2にコピーをする。


 「コピー」であるのに、セルの内容が変わってしまった。


 しかし、で示した「参照元」との関係が変わっていない。
これが「相対参照」の本質である。


 縦方向にコピーしても、で示した「参照元」との関係は変わらない。


スポンサード リンク
  ▲このページの上へ  
<- 前へ 目次 次へ ->
Copyright © 2005 -2011 エクセル事典 〜百聞は一見に如かず〜 All rights reserved.