エクセル学習総合サイト

エクセル事典
HOME > データベース機能 > ピボットテーブル−ピボットテーブルウィザードで作る

ピボットテーブル−ピボットテーブルウィザードで作る


 データを準備する
エクセルのピボットテーブルウィザードに使いたいデータを全て読み込ませるには、以下の点に注意する。

  • 最初の行に各列の見出しを設定する。
    ウィザードは、これらの列見出しをピボットテーブルの《フィールド》の「名前」として使う。
  • 「データの範囲は《アクティブセル領域》である」とウィザードが認識するので、必要なデータがピボットテーブルに反映されるかどうか事前にチェックする。
    [Ctrl]+[Shift]+[:]キーを押すと、《アクティブセル領域》のが選択されるので、これを利用する。
  • 1つの列には、1種類のデータのみを入れる。
    例えば、A列には「日付」、B列には「テキスト」、E列には「数字」というようにする。
エクセル画面1

 データ範囲内のセルを1つ選択し、メニューの《データ》->《ピボットテーブルとピボットグラフレポート...》を選ぶ。

エクセル画面2

 最初に出てくるダイアログボックスで、《分析するデータベースのある場所》を《エクセルのリスト/データベース》、《作成するレポートの種類》で《ピボットテーブル》を選び、そのまま《完了》ボタンを押す。

エクセル画面3

 空のピボットテーブルが、新しいワークシート上に作られる。
また同時に《ピボットテーブルのフィールドリスト》ウィンドウと、《ピボットテーブルツールバー》が現れる。(各部名称参照)

エクセル画面4

 今、生産国別の売上高の合計を集計したい、とする。まず、《ピボットテーブルのフィールドリスト》の「生産国」をクリックする。

エクセル画面5

 そのまま「生産国」フィールドをドラッグして、《行範囲》の上まで持っていく。

エクセル画面6

 マウスから指を放し、「生産国」フィールドをドロップする。すると、行範囲に「生産国」の《アイテム》が並ぶ。

エクセル画面7

 同様に、《ピボットテーブルのフィールドリスト》の「売上高」をドラッグして、《データ範囲》にドロップする。

エクセル画面8

 「生産国」別の「売上高」の合計が、ピボットテーブルによって計算された。

エクセル画面9

10 さらに、「店舗」別の詳細を調べるときは、《ピボットテーブルのフィールドリスト》の「店舗」をドラッグして、《列範囲》にドロップする。

エクセル画面10

11 その結果である。

エクセル画面11

スポンサード リンク
  ▲このページの上へ  
<- 前へ 目次 次へ ->
Copyright © 2005 -2011 エクセル事典 〜百聞は一見に如かず〜 All rights reserved.