エクセル学習総合サイト

エクセル事典
HOME > データベース機能 > アウトライン−計算結果の書式

アウトライン−計算結果の書式


 エクセルのアウトラインでは、各レベルの計算結果に対して「書式」を設定することができる。計算結果のセルにデータ用のセルと違う書式を適用すれば、より見やすい表になる。
エクセルは、各レベル用のデフォルトの書式を用意している。ここでは、アウトライン作成後にデフォルトの書式を適用する方法を説明する。
まず、 メニューの《データ》->《グループとアウトラインの設定》->《設定...》を選ぶ。

エクセル画面1

 《設定》ダイアログボックスの《既定のスタイルを使用する》のチェックをはずす。

エクセル画面2

 アウトラインを作っても、どのセルの書式も変わらない。

エクセル画面3

 「レベル2」のセルを選択する。

エクセル画面4

 ここで、メニューの《データ》->《グループとアウトラインの設定》->《設定...》を選ぶ。

エクセル画面5

 《設定》ダイアログボックスの《既定のスタイルを使用する》にチェックを入れる。次に《スタイルの流用》ボタンを押す。

エクセル画面6

 「レベル2」に対応する、エクセルのデフォルトの書式が適用された。

エクセル画面7

 「レベル2」の書式は、《スタイル》としてエクセルに記憶される。

エクセル画面8

 「列レベル_2」というスタイルが自動的に作られている。

エクセル画面9

10 次に「レベル1」のセルを選択する。

エクセル画面10

11 「レベル2」と同様、《スタイルの流用》を「レベル1」に適用する。すると「レベル1」に対応する、エクセルのデフォルトの書式が適用された。

エクセル画面11

12 「列レベル_1」というスタイルが自動的に作られている。

エクセル画面12

※注 《設定》ダイアログボックスの《作成》ボタンを押すと、アウトラインが自動的に作成され、手動で作ったアウトラインは壊れてしまうので、注意が必要である。

エクセル画面13

スポンサード リンク
  ▲このページの上へ  
<- 前へ 目次 次へ ->
Copyright © 2005 -2011 エクセル事典 〜百聞は一見に如かず〜 All rights reserved.