エクセル学習総合サイト

エクセル事典
HOME > データベース機能 > データの抽出−フィルタオプション−数式を条件にする−2

データの抽出−フィルタオプション−数式を条件にする−2


前ページでは、「表上のデータそのもの」と、「ある数式の結果」(AVERAGE関数)を比較したものを条件にしたが、 ここでは、表上のデータを「関数の引数にした数式」を条件にしてフィルタをしてみる。


 エクセルで、下記のような表があるとする。今、「日付の日」が「20以上かつ23以下」のデータを抽出したい、とする。

エクセル画面1

 「日付の日」を算出するためには、A列のセルにDAY関数を適用しなければならない。
データの抽出条件を表す条件式に、数式を入れる。
=20<=DAY(A6)
をセルB2に入れ、
=23>=DAY(A6)
をセルC2に入れる。表の値を表すのに「A6」と相対参照を使わなければならない。

エクセル画面2

(補足)「=20<=DAY(A6)」はA列、つまり「日付」列を参照している。この場合条件式に「=20<=DAY(日付)」「=23>=DAY(日付)」と入れてもよい。
見た目には「#NAME?」エラーが起こっているが、フィルタオプションの機能は期待通りに動く。

エクセル画面3

 メニューの《データ》->《フィルタ》->《フィルタオプションの設定...》を選ぶ。

エクセル画面4

 《フィルタオプションの設定》ダイアログボックスが出てくる。抽出したいデータ範囲内にあるセルをクリックした直後に、上述の操作を行うと、自動的に《リスト範囲》が正しく入る。
そして《検索条件範囲》テキストボックスをクリックする。

エクセル画面5

 抽出条件を書いたセル、すなわちここではB1:C2をドラッグして選択する。
セルB1:C1の空白セルも選択することは重要である

エクセル画面6

 《OKボタン》を押すと、「「日付の日」が「20以上かつ23以下」のデータを抽出する。

エクセル画面7

スポンサード リンク
  ▲このページの上へ  
<- 前へ 目次 次へ ->
Copyright © 2005 -2011 エクセル事典 〜百聞は一見に如かず〜 All rights reserved.