エクセル学習総合サイト

エクセル事典
HOME > データベース機能 > データの統合−統合元と統合先をリンクする

データの統合−統合元と統合先をリンクする


 エクセルの普通の「データの統合」では、統合元のデータが変更されても、統合先のデータは変わらない。これでは、統合元と統合先のデータに一貫性がなくなってしまう。このような事態を避けるため「統合元と統合先のリンク」という機能がある。
ここでは、「項目名による統合」 で「統合元と統合先をリンク」させる方法を説明する。

エクセル画面1

 「最初に統合すべき項目を選んでから統合する」には、まず、項目名が書いてあるセル範囲を選ぶ。

エクセル画面2

 次に、メニューの《データ》->《統合...》 を選ぶ。

エクセル画面3

 それぞれのワークシートの合計値が欲しいので《集計の方法》は「合計」をセットする。
また、で選んだ項目のセル範囲が1列になっているので、《統合の基準》の《左端列》にチェックを入れる。
《統合元》を確定するために、下図青丸部分を押す。

エクセル画面4

 「池袋」シートを選ぶ。そして下図のように、欲しいデータ範囲をマウスで下図青線の方向にドラッグする。
範囲が確定できたら下図青丸部分を押す。

エクセル画面5

 《追加》ボタンを押すと《統合元》リストに加えられる。統合元をさらに加えるために、下図青丸部分を押す。

エクセル画面6

 「新宿」シートを選ぶ。そして下図のように、欲しいデータ範囲をマウスで下図青線の方向にドラッグする。
範囲が確定できたら下図青丸部分を押す。

エクセル画面7

 《追加》ボタンを押すと《統合元》リストに加えられる。統合元をさらに加えるために、下図青丸部分を押す。

エクセル画面8

 「渋谷」シートを選ぶ。そして下図のように、欲しいデータ範囲をマウスで下図青線の方向にドラッグする。
範囲が確定できたら下図青丸部分を押す。

エクセル画面9

10 統合元がすべてそろったので、《OK》ボタンを押す。

エクセル画面10

11 データが統合され、アウトラインが自動的に作られた。

エクセル画面11

12 「レベル2」を見ると、統合元にリンクされている。

エクセル画面12

13 「レベル1」のデータは「レベル2」の値を使い集計されている。
統合元のデータが変わっても、統合先のデータは正しい値が出る。

エクセル画面13

スポンサード リンク
  ▲このページの上へ  
<- 前へ 目次 次へ ->
Copyright © 2005 -2011 エクセル事典 〜百聞は一見に如かず〜 All rights reserved.