エクセル学習総合サイト

エクセル事典
HOME > データの入力、編集 > ジャンプで選択:アクティブ列との相違

ジャンプで選択:アクティブ列との相違

スポンサード リンク
スポンサード リンク


アクティブ列との相違


 左図のようなワークシートを用意する。


 アクティブ列との相違を調べるセル範囲を選択する。
「アクティブ列」とは、「アクティブセルを含む列方向のセル範囲」のことである。
左図では、アクティブセルはB2、アクティブ列はB2:E2である。


 [Ctrl]+[G]でジャンプダイアログボックスを出し、《セル選択》ボタンを押す。


4 《選択オプション》ダイアログボックスで《アクティブ列との相違》を選ぶ。


 「アクティブ列」のデータと列方向のデータと比較をし、それと異なるセルが選択される。



アクティブセルを動かして相違をとる


 「アクティブ列の相違」を行うセル範囲を選択する。


 アクティブ列を変更するために、[TAB]キーや、[Enter]キーを押して調整する。
左図は上図から[TAB]キーを2回、[Enter]キーを3回押した状態である。D5がアクティブセルとなり、アクティブ列はB5:E5である。


 [Ctrl]+[G]でジャンプダイアログボックスを出し、《セル選択》ボタンを押す。

  《選択オプション》ダイアログボックスで《アクティブ列との相違》を選ぶ。


 「アクティブ列」のデータと列方向のデータと比較をし、それと異なるセルが選択される。


スポンサード リンク
  ▲このページの上へ  
<- 前へ 目次 次へ ->
Copyright © 2005 -2011 エクセル事典 〜百聞は一見に如かず〜 All rights reserved.