エクセル学習総合サイト

エクセル事典
HOME > データの入力、編集 > 数式バーでセルの編集

数式バーでセルの編集

スポンサード リンク
スポンサード リンク

 左図のようなデータを用意する。
アクティブセルの内容が数式バーに表示される。


 マウスカーソルを、数式バーの上に持っていき、編集したい場所で左クリック。


 セルを編集できる状態(編集モード)となる。


 文字を挿入するには、そこで文字を入力する。
左図はの図から、"明日の"と入力したものである。


 前の文字を削除するには、[BackSpace]キーを押す。
左図はの図から、[BackSpace]キーを1回押したものである。


 後の文字を削除するには、[Delete]キーを押す。
左図はの図から、[Delete]キーを1回押したものである。


 カーソル位置から、後ろの文字全部を削除するには、[Ctrl]+[Delete]キーを押す。
左図はの図から、[Ctrl]+[Delete]キーを1回押したものである。


 セルの編集をして、その内容で正しければ[Enter]キー、または[TAB]キー、もしくは左図青丸部分の入力ボタンを押す。
編集前の状態に戻すには、[ESC]キーを押すか、左図赤丸部分のキャンセルボタンを押す。


 左図は、8の図で[Enter]キーを押して、入力を確定したものである。


10 入力確定後に、編集前の状態に戻すには、[Ctrl]+[Z]キーを押す。


スポンサード リンク
  ▲このページの上へ  
<- 前へ 目次 次へ ->
Copyright © 2005 -2011 エクセル事典 〜百聞は一見に如かず〜 All rights reserved.