エクセル学習総合サイト

エクセル事典
HOME > 基礎 > 【エクセル・ワード必須】とはどういう意味か

【エクセル・ワード必須】とはどういう意味か

スポンサード リンク
スポンサード リンク

ある小さい人材派遣会社のWebサイトのQ&Aに、こう書いてありました。

Q:「OA機器操作の場合、エクセル・ワードが必須と聞きます。実際どの程度で きればいいのでしょうか。」

A:「条件にもよりますが、エクセルなら新規に表を作成でき、加減乗除(+−× ÷)程度の計算式の入力、グラフの作成印刷ワードなら文字入力レイアウ ト印刷ができれば大抵の派遣での仕事にはつけるでしょう。」

これが本当かどうかわかりませんが、いずれにしろ入門レベルでも、どうにかなるのではと思います。

しかし、これを本当に「エクセル、ワードができる」といえるのかどうか、微妙なところです。

普通のエクセルやワードの本やWebサイトは、「辞書的」なものがほとんどで、 どれくらいのレベルまで勉強すべきか、教えてくれません。 ですから「何の」「どんな機能まで」知っていればよいのか、不安になると思います。

そこでなのですが...

マイクロソフトオフィス スペシャリスト」の教本は「試験範囲」が限定されているので、そこに書かれている機能や使い方を、一通り勉強し覚えれば「エクセル、ワードができる」と社会に対してはっきりと言えると思います。

「面接に合格する」という目的をお持ちのかたであれば、この際、 「マイクロソフトオフィス スペシャリスト」の資格をお取りになってはと思います。

面接官は、「一般事務を確実にこなせる証拠」を見たいのです。「資格」はその証拠になりますし、仮にエクセルやワードの話を面接官から振られても、余裕を持って回答できます。逆にこちらから、エクセルとワードの話を切り出しても、おもしろいでしょう。

実際、「マイクロソフトオフィス スペシャリスト」のための勉強は、内容と勉強量の点から見ると、ちょうどよいものだと思います。 「一通り勉強する」とお聞きになって、「大変だ」と思われたかもしれませんが、「マイクロソフトオフィス スペシャリスト」の内容は比較的やさしいです。

さて、「マイクロソフトオフィス スペシャリスト」の教本は何種類かあります が、私がオススメするのは、FOM出版の

Microsoft Office Specialist問題集Microsoft Office Excel 2003 (よくわかるマスター)

Microsoft Office Specialist問題集Microsoft Office Word 2003 (よくわかるマスター)です。

「マイクロソフトオフィス スペシャリスト」関連のWebサイトでも、この本を推奨しているところが多いです。 付属している問題を、何回も繰り返して解くと、必ず合格できると思います。 この「繰り返し」が非常に大切です。やればやるほど自信が付きますよ!

「資格を取得して、より多く稼ぎたい!」と思っている方は「収入を増やす−【エクセル上達】と【給料アップ】を同時に実現する」をご覧ください。

スポンサード リンク
  ▲このページの上へ  
<- 前へ 目次
Copyright © 2005 -2011 エクセル事典 〜百聞は一見に如かず〜 All rights reserved.