エクセル学習総合サイト

エクセル事典
HOME > 基礎 > 「成果主義」で「成果」を確実に上げるには−実践テクニック

「成果主義」で「成果」を確実に上げるには−実践テクニック

スポンサード リンク
スポンサード リンク

私の成功経験を基にした実践必勝テクニックです。

  1. 弱点を少なくする
    • 人の悪口を言わない
    • お酒の席でも礼儀作法を守る
    • 『おはようございます』を必ず言う

    これだけでも、ライバルに差がつきます。

  2. 「派遣」ならば大手の派遣会社に登録する。「社員」であれば大手の転職支援会社に登録する。
  3. 「あの会社の推薦なら大丈夫...」という派遣先会社側の心理です。
    人は、物事の判断をする時に、その内容をよく確認せず、ほんの少しの表面的な部分で評価してしまいます。
    この人間の弱点を「逆に突く」策です。

  4. 弱者に「確実に」勝つ
  5. No.1になるには、まずNo.2以下に勝たなければなりません。「エクセル」で勝負するのであれば、エクセルの基礎をしっかりと学び、マイクロソフトオフィススペシャリストのような権威ある資格を取得すべきです。これだけで、資格を持っていない人に勝っています。

  6. 一点集中主義−得意分野でライバルを圧倒する
  7. 「強烈な印象」のために、「得意分野」をさらに絞り込みます。
    「エクセルの関数」「エクセルのグラフ」「エクセルの棒グラフ」というように、もっと絞り込むのです。いくら細かくてもいいので、その分野でNo.1になればいいのです。

  8. 陽動作戦−作戦がバレないようにする
  9. あとは、チャンスを待つだけです。ただ、これまでの努力を無駄にしないためにも、あなたの「勉強」がバレないようにしてください。バレれば、No.1の人がマネをして、負けてしまいます。

    では、どうすればいいか。

    「得意分野の知識」を活かせるチャンス−「あなただけにしか解決できない問題」にみんなが困っているとき−が来るのをひたすら待つのです。
    そのとき、「いとも簡単に解決する」ように見せるのです。余計な言葉はいりません。「見せる」のです。

    これで、あなたは「強烈な印象」を与えました。それを繰り返し、「強烈な印象」を確かなものにするのです。「この分野だったらアノ人に聞けば分かる」と思われれば、もうあなたはNo.1です。

 
スポンサード リンク
  ▲このページの上へ  
<- 前へ 目次
Copyright © 2005 -2011 エクセル事典 〜百聞は一見に如かず〜 All rights reserved.