エクセル学習総合サイト

エクセル事典
HOME > 関数の活用 > 件数ー年代別の件数

件数ー年代別の件数


考え方

  • FREQUENCY関数を使って、度数分布表を作る。

説明

 下図では、セル範囲$C$3:$C$11にある、年齢表の中で、年代別の人数を集計しようとしている。

  FRQUENCY関数では、第1引数は「データ配列」と呼ばれ、「頻度調査」のためのセル範囲(下図では青で囲まれたセル範囲)である。

  第2引数は「区間配列」と呼ばれ、「前の数字」より大きく、「今のセル以下」の件数がでる。

  FREQUENCY関数は、出力値が配列であるので、[Ctrl]+[Shift]+[Enter]キーを押して配列数式を明示しなければいけない。

  FREQUENCY関数が返す値は、第2引数で入力した区間配列より1つ多いので、それを考慮して配列数式を作る必要がある。

  その理由は、下図に例えると、H列での選択されたセルが、第2引数(緑で囲まれた部分)より1つ大きい。60代以上の件数を数えるためである。

エクセル画面1

2 下図では、FREQUENCY関数の結果である。

エクセル画面2

スポンサード リンク
  ▲このページの上へ  
<- 前へ 目次 次へ ->
Copyright © 2005 -2011 エクセル事典 〜百聞は一見に如かず〜 All rights reserved.