エクセル学習総合サイト

エクセル事典
HOME > 関数の活用 > 件数ー複数のセル内の文字の個数

件数ー複数のセル内の文字の個数


考え方

  • LEN関数で、それぞれのセルの文字列の長さを出す。
  • LEN関数からの演算結果を、配列にするため、LEN関数に配列を代入する。
  • その結果をSUMPRODUCT関数に渡すと、配列の合計値を得られる。

説明

 下図では、セル範囲B2:B7にある文字の総数を出すために、LEN 関数の引数にB2:B7という配列を入れる。

  すると、LEN関数からの戻り値は、配列として返されるので、配列の和を計算するSUMPRODUCT関数使い、文字の個数を計算する。

エクセル画面1

スポンサード リンク
  ▲このページの上へ  
<- 前へ 目次 次へ ->
Copyright © 2005 -2011 エクセル事典 〜百聞は一見に如かず〜 All rights reserved.