エクセル学習総合サイト

エクセル事典
HOME > 関数の活用 > 件数ーセルの値と演算子を使った条件に合うデータの件数

件数ーセルの値と演算子を使った条件に合うデータの件数


考え方

  • COUNTIF関数で、対象セル範囲の条件に合ったセルの件数を数える。
  • 下図の場合、「条件」を「文字列を組み合わて条件をつくる」という方法をとっている。

説明

 下図では、セル範囲$C$2:$C$14にある、それぞれの都市の「年平均気温」の中で、15度以下の件数を求めている。

  COUNTIF関数の第2引数の中で、条件式になるように、「文字列の足し算」をしている。そしてその条件で、件数を算出している。

エクセル画面1

スポンサード リンク
  ▲このページの上へ  
<- 前へ 目次 次へ ->
Copyright © 2005 -2011 エクセル事典 〜百聞は一見に如かず〜 All rights reserved.