エクセル学習総合サイト

エクセル事典
HOME > このサイトについて
スポンサード リンク

このサイトについて

私は大学を卒業してから10年間、外資系の証券会社で、プログラマー兼システムエンジニア兼ヘルプデスクをやっていました。

実際に、株の取引を「プロ」としてやっている人たちは、取引時間中はとても気性が荒くなります。秒単位のタイミングで「ン億円」もの利益や損失が発生するので、仕方がありません。

そのような人たちを相手に、ヘルプデスクをしながらシステムの開発をするのは、簡単ではありません。コンピュータシステムに問題があると、そこにすぐに駆け付け、怒号をあびながら、冷静にその問題点と解決法を、瞬時に判断を下すのが仕事なのです。

新人研修が終わって、半年後にその仕事につきました。当然仕事ができません。経験のない私は、本当に会社をクビにされそうになりました。

しかし上司は、私にチャンスをくれました。あるデータ配信システムをつくることになったのです。

それがきっかけで、会社のシステムがどうなっているのか、株式売買の業務フローがどういうものか、大体見えてきました。

仕事を始めて2〜3年目になると、仕事が面白くなる、という典型的なパターンです。

では、なぜエクセルなのか。

エンドユーザーは、法律の改正や、業界のルールの変更に絶えずアンテナを張っていて、その変更に伴い「どのようなデータが必要か」「それをどういうように見せるか」についてよく知っています。

システムエンジニアは、ある程度の知識はあるものの、すべてを知っているわけではありません。

その差を瞬時に埋めることができるのが、エクセルなのです。

エンドユーザーは、「どういうように見せるか」をエクセルで書くことができます。そして、どのセルに「どのようなデータが必要か」について、システムエンジニアに正しく伝えることができます。

システムエンジニアは「データをどのように取ってくるか」について、よく知っています。

あとは、エンドユーザーが見本として書いたワークシートの中に、システムエンジニアが、指示通りのデータをセルに入れるマクロや、関数をつくるだけです。

ここで、ポイントになるのは、エクセルの知識を、エンドユーザーとシステムエンジニアが共有している、ということです。

エクセルの勉強をすればするほど、仕事が楽になります。

そのような経験から得た知識や知恵を、Webサイトで公開して、社会の中で少しでも役に立てればと思い、サイトを立ち上げました。

私もエクセルについて、すべてを知っているわけではありません。現在も勉強中ですし、将来も勉強中でしょう。

しかし、どんな努力も無駄になることはありません。

人生、前向きに行きましょう!

何かご質問があればこちらまでお問い合わせ願います。

また、「JavaScript」が動く環境での閲覧を、お願い致します。

免責事項

 このWebサイト(以下、当サイト)は、「エクセル事典〜百聞は一見に如かず〜」が運営するウェブサイトです。

 当サイトの使用及び閲覧は、閲覧者自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセスまたは使用により発生したいかなる損害に対して、一切の責任を負いません。

コンテンツの保証について

 当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。サイトの内容に関するいかなる間違いについても一切の責任を負いません。

リンクサイトについて

 当サイトから、または当サイトにリンクしている、当サイト以外のサイトの内容は当サイトが管理するものではありません。従って、他サイトをご利用になって生じた損害については、当サイトは一切責任を負いません。

著作権について

 当サイトからの情報は、当サイトが著作権を保有致します。無料で配布されるファイルなどは著作権を放棄し、当サイトの閲覧者が自由にダウンロードし、改変や配布することができます。

プライバシーポリシー

 当サイトでは、閲覧者からご提供頂いた個人情報を、その方に回答を行うために使用することがあります。個人が特定できない統計情報以外は第三者への開示はいたしません。また、個人情報が漏洩しないよう最大限の努力を払います。

 

スポンサード リンク
スポンサード リンク
Copyright © 2005 -2011 エクセル事典 〜百聞は一見に如かず〜 All rights reserved.